結婚式当日に余裕ができる!

当日の写真撮影を最小限にできる

一生に一度しかない行事の一つに結婚式があります。新婦は結婚式の日に一番美しくなれるよう準備していますし、新郎はそれをサポートしながら過ごすでしょう。ただ結婚式は二人のためだけの日ではなく、多くの参列者に来てもらって招待者としての振る舞いも必要な日です。となると自由に記念を残すための写真を撮影するのが難しくなるでしょう。そこでしておきたいのが前撮りで、結婚式当日よりも前に衣装を着て記念写真を撮影しておきます。もちろん当日にも披露宴の様子や集合写真などの記念写真を撮ってもらいますが、二人でじっくり撮影する時間は取る必要がなくなります。余裕ができる分両親と話をしたり友人と話をするなどの時間を持てるでしょう。

衣装を変えるのには時間がかかる

結婚式で着る衣装といえば新婦のウェディングドレスがあるでしょう。最近はレンタルを利用する人も増えていますが、記念だからとデザイナーに依頼をして作ってもらうときもあります。結婚式当日はウェディングドレスだけを着続けるのではなくもう一着お色直しとしてドレスを用意します。衣装を着替えるのは結構大変で時間もかかるので一回着替えるのが限界かも知れません。結婚の記念として写真を残そうとすると当日だとウェディングドレスとお色直し後のドレスでしか残せませんが、前撮りを利用すれば2着以外の衣装も問題なく着られるでしょう。ウェディングドレスを選ぶときに迷った人もいるでしょうが、前撮りなら気になるドレス全てでの記念写真も可能です。