結婚式の予行演習にもなる!?

前撮りをすることの背景

結婚式を挙げる前に衣装を着て記念写真を撮ることを前撮り、といいます。前撮りは人気が高く様々なメリットがあるといわれていて、例えば結婚式では着られないと諦めていた衣装を着て、その姿を写真に納めておくことが出来ます。また結婚式当日は慌ただしく、二人が理想としていたシチュエーションで、写真を撮ることが難しいことが想定出来ます。しかし前撮りをすることで式場だけではなく、海や山など様々なロケーションを選択することが出来たり、結婚式当日ではないのでリラックスした状態で、撮影することも可能です。ロケーションの場合、天候に左右されがちですが予め予備日を作っておくことが多いので、晴れた日に撮影出来ることが多いです。このように人生の晴れの日に天候も衣装もロケーションも、ベストの状態で挑むことが出来ます。

結婚式の予行演習には前撮りがおすすめ

一生に一度の大切な結婚式は、どんなに頭の中でシミュレーションをしてみても、緊張をしてしまうものです。結婚式当日に身につける衣装を前撮りで事前に着ることが出来るため、着ているときにどのような点に気をつけるべきか、など想定することが出来ます。また衣装や髪型などに不具合がある場合、事前に式場の人に伝えたり改善することも出来るのです。前撮りは結婚式の3、4か月前に行うカップルが多く、中には前撮りした写真を結婚式当日に流す映像に使用したり、ウエルカムボードや演出に活用する場合もあります。思い出の写真として残しておくだけではなく、様々な演出に使用したり結婚式の予行演習になるなど、前撮りのメリットは多く好意的な感想が聞かれます。